2018年6月19日 (火)

日記

 台風が連続登板しやがるせいで自転車通勤が出来ないこの頃です。 今が涼しくていい季節だというのに!! 今月の頭ぐらいからチマチマ自転車で通勤してた所、気分が良いわ眠気が薄いわと体調にプラスだったからまたやりたいんだけどなー。

 WOWOWさんをチェックしてたら 「ハンズ・オブ・ストーン」 をやるんじゃあないですか。 ロベルト・デュランの伝記映画で観たかったけど都心でしかやってなかったから(確か)観れなかったんですよねえ。 その内レンタルでも出るでしょ、と思ってたらいつしか忘れてしまっていた。 見る機会に出会えて良かったわい。

2018年6月18日 (月)

WOWOWさんのカタログ

 何かまた地震が起きてますね・・・・・・幸い我が家の被害はガンプラが軟着陸しただけでしたが、ちょびっとでも防災をしておいた方がいいな、ってぐらいにデカイ災害な雰囲気。

 WOWOWさんの番組表が到着。 ささっとチェックしてみると、来月は邦画が多いような気がします。 ほほう? とは言え、全く情報を持ってないからイマイチ観る気持ちも湧いてこないんですが、いや折角だから面白そうな奴だけでも観てみようかしら? という心の声も聞こえてきます。 気になる奴は評判だけでも検索してみようかしら。

 他にも来月から三国志のドラマやるそうで、なんとシバイが主役。 面白いところに目を付けるなあ。 しかし二部構成で44話ずつとか尺を取りすぎてない? 依然やってた 「項羽と劉邦」 は後半が間延び過ぎて辛かったんですけど、同じ轍を踏まないんだろうか。 でもシバイが主人公っていうのは新鮮でいいな・・・・・・1か2話は観てみようかな。

2018年6月17日 (日)

日記

 何やら寝つきが悪くなっていけない。 今年の初期は睡眠不足が祟ったのか酷く体調を崩したからなあ。 もう無理がきかない年齢なんだからしっかりと睡眠時間を確保せんと。

 「メガロボクス」 にて南部のおっちゃんが両目とも失ってしまったけど、勇利の一体型ギアの技術で高性能な義眼とか出来ないんだろうか。 おっちゃんのケジメに水を刺すような気もするけど、優勝したら賞金をそういう使い方するのは救われた気持ちになるよなあ。

 ところで、お嬢さんにとって勇利の一体型ギアは夢であり会社の未来だそうだけど、何でそこまでギアの開発に心血注いでるのかしら? もしかしてお嬢さんの体に不随の部分があって、それを補う為にギア研究してるのかしらねえ? 何気にいつも体をすっぽり覆う服で素肌の大部分を見せてないから、ケガなりギアなりを隠してるのかもなー。

 などと余計な裏事情みたいなのをアレコレ邪推しながら観てきましたが、これまで全部が的外れでもっとストレートに情熱をぶつけ合うドラマだったんですよねえ。 今回もきっとそうでしょ、多分。

2018年6月16日 (土)

メガロボクスいいですねえ!(3回目)

 イベントはほぼ終わりかな? 黒幕さんは何というか、FGOの敵ってこういう人一杯いるよねって感じがした。

 メガロボクスいいですねえ・・・・・・!! なんなの今週は、観てて声を上げてしまったじゃないか。 もう先週からどうなる事かとハラハラしてたもんですが、結局問題が解決しないままゴングが鳴ってしまうし、藤巻さんの圧力は怖いし、ジョーはギアを付けてくるしでもう息がつまる詰まる。

 でもねえ、最高のシーンはやっぱりアレです、おっちゃんの雄叫び!!

 「立てぇ!! 立つんだジョー!!」

 ここでコレをかましてくるか!! そしてボロボロと零れ落ちていくギアの中から立ち上がるジョー!! ギアレスジョーの再誕シーンにそりゃ声だって上げますよホント。

 その後はヘビー級を超えたデカさの相手を一撃でしとめるという現実無視の超展開ですけど、そんなの全然OK!! むしろ現実で観たいわあんな衝撃シーン。

 さらに南部のおっちゃんもちゃんとケジメを付けるのがたまらんね・・・・・・すげえぜ南部さん。 変に優しい世界じゃなくて厳しい戦いなんだと感じさせてくれる辛い出来事だった。

 勇利も火が付いていよいよ決戦という運びで待て次回。 後2話かあ、1話かもしれないけど、最初からずっと面白いアニメで満足しきりですよ。

2018年6月14日 (木)

日記

 何気にジーク君が大活躍。 種火が余ってたので鍛えていたという適当な育成だったのに、ニトクリスと一緒に宝具バンバンかまして帝都を回っております。 後はスキル鍛える余裕があれば鍛えてあげたいけど、正直ニトクリスで間に合ってるって問題があるんですよねえ。

 そういや明日から 「ニンジャバットマン」 の封切ですよ。 公式サイトに家の近所の映画館の名前があってやったぜ!! と喜んでいたんですが、映画館の方のサイトにはいつまでたっても上映予定に現れないからホンッと焦りましたよ。 公開して即観に行けない状況なのが辛い所ですが、必ず行くと決めてるのでその日を我慢して待つさ。

 今日は予定外のトラブルが連発して疲れた・・・・・・でも解決した時は気分よかったなあ、走り終えて深く呼吸する時みたいな爽やかさだった。

2018年6月13日 (水)

日記

 最近は種火集めとクルミ集めで狼を駆逐するゲームだったFGOですが、本日からイベント開始。 ウチのライダーは牛若丸だったから坂本龍馬が入ってくれるのはありがたい、まだ使ってもないけど軽く見た所なかなか強そう。

 ていうか、宝具がアーツ系なのねえ、バスターだったら強化手段がたくさんあって楽だったんだけど。 なので輝くアマデウスのアーツアップ、お遊びで鍛えた彼のスキルが火を噴くことになろうとは。 アイツ星捲いたりアーツ宝具のサポートしたり、結構役に立ってるな。

 それとひっそりとレベル上げしてたジーク君が結構便利なのを知りました。 擬似ニトクリスっぽく使えるぽいなあ。 ホント配布のキャラは強いですね。

 それにしても開幕の戦闘で全滅しかけるとは思わなかった。 いやー、ヤバイでしょうあれは、次に出会ったらどうすりゃいいのか。

2018年6月12日 (火)

アマゾンプライムビデオ色々ありそうね

 気がついたらパターンと倒れて寝ていた。 そんなに疲れるような事はしてないハズなんだけどなあ? 久しぶりに連日飲酒したのがマズかったか?

 もう一回 「ザ・ミッシング ~消えた少年~」 が観たいなー、なんて気分になってるんですが、どこかで観られないものかと検索をかけた結果、中古のDVDが480円ですって!?

 安ーい!! と思ったのも束の間、全編英語なので観れないという悲しい事実。 英語のヒアリアングが出来れば買っていただろうに・・・・・・多分。

 でも良く調べたらアマゾンプライムビデオで配信してるじゃあないの!? 一話300円だから8話で2400円也。 これならプライム会員になった方がマシって値段設定ですが、プライム入るのにはちょっと迷う。 最近はそんなにアマゾン使わないんだよなー。

 でもまあ、観られる場所が確保できたのは大きい。 これだけで満足してしまいそうだけど、タイミングがあったらもう一回観る事もあるでしょう。

2018年6月10日 (日)

久しぶりにHDDに余裕が

 最近は絶好調!! だったんですが、今日は少しだけお腹が痛むのでした。 久しぶりにビールを2缶飲んでしまったからしら? 酒に弱くなったもんだ。

 ブロードチャーチを観終わったお陰でHDDの要領が随分と空いた。 いやあ、余裕があるって良いですねえ。 いつもギリギリで、もう録画を全部消してやろうかって気分になることもチラホラな状態から解放されてすがすがしい。

 しばらくは大した録画の予定も無いから溜まってるのを順次消化していきましょ。 ブロードチャーチを立て続けに観てたおかげで録画を消化する抵抗感みたいなのが薄まってるみたいなので今がチャンスだ。

 とりあえずはサメ映画とワンダーウーマンとスパイダーマンから始めようかしら? それとも勢いに乗って謎映画に飛び込むのもいいかもしれない。

2018年6月 9日 (土)

ブロードチャーチ3 終了

 雷が鳴るとほぼ必ず落ちる我が家のADSLちゃん。 怖いの?

 「ブロードチャーチ3」 を見終えました。 いやあ・・・・・・面白かった。 最初から最後まで誰が犯人か解らず仕舞いでいつもの推理無能さを楽しめましたぜ。 というかコレ、最後まで犯人特定って不可能じゃない? 一応、伏線はあったけどそれを補強する証拠とか殆ど無かったし。

 まあ、私が見落としてるだけでしょうからそんなことも無いでしょう、きっと!! それにミステリというよりサスペンス色の方が強かったから別にいいのかもしれない。 楽しめたのは事実ですし、彼が犯人という理由付けというか雰囲気も全編通して漂ってたしでアリでしょう。

 正直、陰惨で見たいものではないけれど、続きが気になって仕方が無いという素晴らしいドラマでした。 身に摘まされる話ではありますが。

 それにしても主人公が病気で余命いくばくって設定はどこへ行ったのやら。 今回は体の件に全く触れませんでしたからねえ。 最終章と銘打ってはいたものの、ウケが良かったら続編考えてるなこれ?

 個人的に面白いのが、主人公の人格が短期でややヒス持ちの怒鳴り散らすという、最近では余り見なくなったキャラクターな事。 各所で怒鳴ってはヒンシュク買ってるんですが、これ本国である英国視聴者としては見てて嫌にならないんでしょうか?

 一応、相棒である女性刑事がたしなめたり叱ったりしますし、主人公が激怒するのは基本的に捜査の進展を阻む人々に対してか、もしくは人の道を外れた連中(今回は子供が多かった)に対してですからまあ理解できなくも無いんですけど、四六時中イライラしてそうで見てて不安になるキャラしてるんですよねえ。

 ただまあ、他人への配慮の足りない昔の男っていう造形の面から見れば、視聴者としてはノスタルジーを感じて許容してしまうのかも。 それに彼に限らず、心に余裕の無い人物だらけですからねえ・・・・・・登場人物がみんな後ろ暗い所を隠してるドラマだから全員ピリピリしてて当然ですけど。

 でも心の内を叩きつけるような会話の連続なのは観てて凄い胸に来ましたわ。 後半の感情むきだしていがみ合う人々とかビリビリしてて目が離せない。 変に平和なのより刺激的で面白かったかも。

 何か今回ブロードチャーチを観て、日本のサスペンスも比較として観たいなあって気分になりました。 依然観た 「トクソウ」 はイマイチ楽しめなかったんですが、その理由に今ならピンと来る様な気分になってるので、気が乗ってる内に挑戦してみようかしら。

» 続きを読む

2018年6月 8日 (金)

ネット不安定

 昨日、おとといとネットが重過ぎてここが書けなかった。 そういや梅雨が近いと不安定になるなあ、ウチのADSL。

 という訳で今は書ける状態だから思いついたまんま書くことにします。

 

「ブロードチャーチ3」 をちまちまと消化しておりますが、出てくる奴らが揃いもそろって後ろ暗い所をもってまして、ドイツもコイツも犯人に見えてしょうがない状態になっております。 これ、事件が解決しても人間関係が崩壊待った無しじゃないの!?

 何かこのパターンどっかで見たなあと思ったんですが、そうそう 「私立探偵ヴァルグ」 に似てるんだ。 アレも人の隠し事を暴き立てながら調査を進めて人間関係を崩壊させてたなあ・・・・・・サスペンスの宿命なのかしら。

 宿命と言えば海外ドラマってほぼ必ず家族の物語が入ってますね。 正直何度も見たから食傷気味でもあるんですが、外せない要素なんでしょうか。

 でもブロードチャーチの家族は本当に崩壊してて修復の余地も見えないし、各人が歩み寄ろうともしないという惨状ですから、いつもより程度が重いかもしれない。 なーんか救いようの無さが現代的だよなー、とか悲しい事を考えてしまうのでした。

«ブロードチャーチ3を観るぞう

最近のトラックバック

無料ブログはココログ